本文へスキップ

社会福祉士等福祉系の資格を取得できる大学・短大の偏差値と専門学校。資料請求

精神保健福祉士の給料について


精神保健福祉士の職場は精神病院や総合病院などの医療機関や保健所、精神保健福祉センターなどの行政機関、精神障害者福祉ホームなどの精神障害者施設などの精神障害者施設などが挙げられます。

このように様々な職場で精神上の障害がある人やその家族からの相談を受けて日常生活訓練をする施設を紹介したり就職に対するアドバイスを行ったりしてより良い生活を送ることが出来るように援助していくことが仕事内容となっています。

このような仕事を行っている精神保健福祉士の給料は国家公務員の準じた額となっているケースが多いようです。

精神保健福祉士をメインとした相談員および指導員という立場の場合は正規職員であれば初任給で17万円程度となっています。

非常勤採用の場合であれば時給換算となり900円に満たないところもたくさんあります。

ただし時給の場合は募集しているところによって異なるので自分が受けるところがどのような給与設定をしているのか確認することをおすすめします。

正社員の場合でも基本給自体は高くありませんが賞与や手当面で優遇される傾向があり、全体の平均収入は400万円未満となっています。

ただし精神保健福祉士の国家資格を持っていれば初任給の内から月給20万円を優に超える条件で働くことが出来ます。

中には入社してから数年のうちに月給が30万円を超える厚待遇のところもあり、資格を取得するのは簡単なことではありませんが一度取得したらその後持っていないよりも良い条件の下で働くことが出来るので取得することをおすすめします。

給与面からわかるように国家資格を取得していれば給与は上がるものの人の精神的なケアやサポートを行うという難しい仕事内容である精神保健福祉士の待遇はあまり良いものと言うことは出来ません。

ただし安定して働けることや行政機関であれば地方公務員になるので仕事とプライベートの両立はしやすいです。まずはどこで働きたいかを明確にしてそこの待遇面を確認することをおすすめします。

精神保健福祉士の受験資格ガイド


⇒大学・偏差値ランキング